enterPAYment

Menu

Visaブランドの提携クレジットカードの導入、「コード支払い」対応(LINE Pay)

2019年1月29日19:30

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」において、決済ソリューションを提供する「Visa」と連携し、ブランド提携クレジットカードを2019年中に導入すると発表した。同カードは、クレジットカードそのままでも、「LINE Pay」に連携し「コード支払い」にも利用できる。

「LINE Pay」は、2014年12月のサービス開始時より、銀行口座振替や、コンビニ、ATMなどから現金でチャージした残高を街のお店やオンラインショッピングでの支払いや送金に利用できるサービスを展開している。

新クレジットカードには、「Visa」のタッチ決済機能が搭載され、ユーザーは、日本に加え世界中の「Visa」加盟店で利用できる。初年度は、3%の「LINEポイント」還元を予定している。また、同クレジットカードを「LINE Pay」と連携すると、事前に残高のチャージをせずに「LINE Pay」加盟店でスマートフォン決済も利用できるようになる。

「LINE Pay」の「Visa」ブランド提携クレジットカードは、カードの利用に応じて「LINEポイント」を含むさまざまな優待特典の提供を予定している。アクティブに利用するユーザーにより多くの特典を提供するインセンティブプログラム「マイカラー」と組み合わせて、利用に応じた「LINEポイント」を獲得できる。