enterPAYment

Menu

QR/バーコード決済などの決済手段をワンストップで提供する「キャッシュレスプラットフォーム」開始(DNP)

2018年12月5日17:05

大日本印刷(DNP)は、これまで提供している各種キャッシュレス関連サービスを連携させ、カード発行会社(イシュア)や店舗(加盟店)のキャッシュレス対応をトータルに支援する「キャッシュレスプラットフォーム」の提供を2019年1月に開始すると発表した。

主な機能とサービス(DNP)

堂プラットフォームは、クレジットやデビット、プリペイドなどの決済手段や、QR/バーコード・非接触ICなどのインターフェースに対応したスマートフォン向けアプリサービスや決済端末、生体認証などの本人認証サービス、会員管理や加盟店管理、プロセッシング機能、マーケティング機能などをトータルで提供するもの。

2019年度には、キャッシュレス推進協議会が進めるQR/バーコード決済の標準化に対応した、スマートフォンでのQR/バーコード決済サービスも提供する計画だ。

今回、「キャッシュレスプラットフォーム」が提供するさまざまな機能を組み合わせることで、クレジットカードのイシュアや加盟店をはじめとする各種事業者が、新たなキャッシュレスサービスを容易に導入できるとしている。また、DNPは、スマートフォンでの各種決済等を1つのアプリで管理できるモバイルWalletと決済ゲートウェイの機能を拡張し、QR/バーコード決済の利用を支援する。決済に必要な情報は、ペイメントカード業界の国際的なセキュリティ基準であるPCI DSSに準拠した環境下で管理する。

具体的な機能として、① ユーザーフロントサービス:標準仕様に対応したQR/バーコード決済機能、トークナイゼーションサービス、バーチャルカードにも対応したカード発行機能、モバイルWalletアプリサービス、金融機関向けアプリサービス、生体認証を含めた本人認証機能、② 店舗向け決済端末:決済端末提供サービス、③ 決済ゲートウェイ:多様化する決済手段に対応したクラウド型決済サービス(クレジット、ポイント、電子マネー、QR/バーコード決済、ハウスプリペイドなど)、④ アクワイアラ代行サービス:アクワイアリング支援サービス、⑤ イシュア代行サービス:プロセッシング機能、会員管理機能(国際ブランドプリペイド、国際ブランドデビット、ハウスプリペイド、ポイントなど)――を予定している。

同キャッシュレスプラットフォームには、顧客情報と決済情報を組み合わせて分析した結果をもとに、顧客に対して適切なタイミング、方法、コンテンツによる販促・送客が可能となるデジタルマーケティング機能も提供するそうだ。

大日本印刷株式会社

〒162-8001
東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号

国内ICカードシェアNo.1を誇る企業として、ICカードの製造・発行にとどまらず、 ASPソリューションとしてICカードに関連する多様なサービスを実現する 「CDMS(Card Data Management Service)」を提供しています。
ICカード・おサイフケータイへの即時発行から、地域通貨やポイントデータ管理、導入コンサルまで、デジタルセキュリティに枠を拡げた総合的なソリューションを提供し、スマートライフの発展に貢献していきます。

QR/バーコード決済などの決済手段をワンストップで提供する「キャッシュレスプラットフォーム」開始(DNP)

2018年12月5日17:05

大日本印刷(DNP)は、これまで提供している各種キャッシュレス関連サービスを連携させ、カード発行会社(イシュア)や店舗(加盟店)のキャッシュレス対応をトータルに支援する「キャッシュレスプラットフォーム」の提供を2019年1月に開始すると発表した。

主な機能とサービス(DNP)

堂プラットフォームは、クレジットやデビット、プリペイドなどの決済手段や、QR/バーコード・非接触ICなどのインターフェースに対応したスマートフォン向けアプリサービスや決済端末、生体認証などの本人認証サービス、会員管理や加盟店管理、プロセッシング機能、マーケティング機能などをトータルで提供するもの。

2019年度には、キャッシュレス推進協議会が進めるQR/バーコード決済の標準化に対応した、スマートフォンでのQR/バーコード決済サービスも提供する計画だ。

今回、「キャッシュレスプラットフォーム」が提供するさまざまな機能を組み合わせることで、クレジットカードのイシュアや加盟店をはじめとする各種事業者が、新たなキャッシュレスサービスを容易に導入できるとしている。また、DNPは、スマートフォンでの各種決済等を1つのアプリで管理できるモバイルWalletと決済ゲートウェイの機能を拡張し、QR/バーコード決済の利用を支援する。決済に必要な情報は、ペイメントカード業界の国際的なセキュリティ基準であるPCI DSSに準拠した環境下で管理する。

具体的な機能として、① ユーザーフロントサービス:標準仕様に対応したQR/バーコード決済機能、トークナイゼーションサービス、バーチャルカードにも対応したカード発行機能、モバイルWalletアプリサービス、金融機関向けアプリサービス、生体認証を含めた本人認証機能、② 店舗向け決済端末:決済端末提供サービス、③ 決済ゲートウェイ:多様化する決済手段に対応したクラウド型決済サービス(クレジット、ポイント、電子マネー、QR/バーコード決済、ハウスプリペイドなど)、④ アクワイアラ代行サービス:アクワイアリング支援サービス、⑤ イシュア代行サービス:プロセッシング機能、会員管理機能(国際ブランドプリペイド、国際ブランドデビット、ハウスプリペイド、ポイントなど)――を予定している。

同キャッシュレスプラットフォームには、顧客情報と決済情報を組み合わせて分析した結果をもとに、顧客に対して適切なタイミング、方法、コンテンツによる販促・送客が可能となるデジタルマーケティング機能も提供するそうだ。

大日本印刷株式会社

〒162-8001
東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号

国内ICカードシェアNo.1を誇る企業として、ICカードの製造・発行にとどまらず、 ASPソリューションとしてICカードに関連する多様なサービスを実現する 「CDMS(Card Data Management Service)」を提供しています。
ICカード・おサイフケータイへの即時発行から、地域通貨やポイントデータ管理、導入コンサルまで、デジタルセキュリティに枠を拡げた総合的なソリューションを提供し、スマートライフの発展に貢献していきます。