enterPAYment

Menu

QR/バーコード決済「au PAY」をシステム連携する加盟店に推進(インコム・ジャパン)

2019年4月5日7:13

インコム・ジャパンは、KDDIとパートナー契約を締結し、QR/バーコード決済「au PAY」をインコム・ジャパンとシステム連携する加盟店に対して導入を推進すると発表した。

インコム・ジャパンは、すでに「WeChat Pay」「LINE Pay」「d払い」「Alipay」「ゆうちょPay」「楽天ペイ(アプリ決済)」「Origami Pay」「PayPay」のQR/バーコード決済とシステム接続しており、国内の業界大手ドラッグストア・家電量販店など1万4,000店舗超で提供している。

「au PAY」は、KDDIが提供するスマホ決済サービスで手持ちの「au WALLETアプリ」から利用可能で、アプリ上に表示されるバーコードやQRコードをPOSレジや各種端末で読み取ることで、対象店舗での買い物・支払いに利用できる。

支払いは「au WALLET 残高」を利用でき、「au WALLET 残高」へのチャージは、すでに貯まっている「au WALLET ポイント」や、「auかんたん決済(通信料金合算支払い)」、じぶん銀行をはじめとした、クレジットカード、auショップ・ローソン店頭など、利用者のニーズに合わせてさまざまな方法を選択できる

利用金額に応じて、200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%相当)、auスマートパスプレミアム会員のお客さまは200円(税込)ごとに3ポイント(1.5%相当)の「au WALLET ポイント」が還元される。

2019年4月9日より、ウエルシアホールディングス、エディオン、ケーズホールディングス、ゲオ、マダ電機の各社店舗にて「au PAY」の導入を開始する。

インコム・ジャパン株式会社

〒163-0610
東京都新宿区西新宿1-25-1
新宿センタービル41F

米国アトランタに本社を置く世界最大手のPOSAカード流通事業者の日本法人です。POSAカードの特許技術を複数有しており、国内の総取扱店舗数は約65,000店舗、コンビニエンスストアやドラッグストア、家電量販店、スーパー、ディスカウントストア等、いずれも国内屈指の大手小売企業のPOSレジシステムと接続することでPOSA事業を展開しています。2017年1月に、POSA事業の技術とシステム資産を活用し、POSレジでのQR/バーコード決済のアクワイアリング事業に参入しました。今後、更なるラインナップと機能を加盟店に提供していく計画となっており、国内外の多くの決済サービス事業者と調整しております。