enterPAYment

Menu

QRコード決済端末「QR POS」と「QR POS lite」を販売(飛天ジャパン)

2019年9月13日7:00

飛天ジャパンは、低価格なQRコード決済端末「QR POS」と「QR POS lite」を販売開始したと発表した。

「QR POS」と「QR POS lite」は、消費者がQRコードを提示する利用者提示型(CPM:Consumer Presented Mode)のQRコード決済端末で、プリンターの有無が両製品の大きな違いとなる。

QRコード決済端末「QR POS」と「QR POS lite」(飛天ジャパン)

 

両製品に共通する特徴として、決済Gatewayは日本恒生ONEPAYに接続済なので、「楽天ペイ(アプリ決済)」、「PayPay」、「LINE Pay」、「Alipay」、「WeChatPay」、「d払い」をはじめ、各種QRコード決済に対応済だという。

また、通信方式は日本の各キャリア(ドコモ・ソフトバンク・AU・格安SIM)4GおよびWi-Fiに対応している(Wi-Fi限定版もあり)。

さらに、4G対応版はインターネット通信設定済みの状態で出荷するため、店舗側の複雑な初期設定作業が不要だ。また、電源をオンにするだけでQRコード決済の利用が可能にななる。

そのほか、既存POSレジシステムの改修は必要ない、コードレスなので設置スペースを確保する必要もない、スキャン専用窓で短時間でスムーズにQRコードをスキャンするといったことも可能だ。

同社では、市場に流通している既存QRコード決済端末との違いとして、①金額表示用ディスプレイが2つあるので、店員も利用者も双方で金額を確認できる、②スキャン専用窓でスキャンするので、カメラでスキャンするよりも、QRコードの向きや角度を気にすることなくスムーズにスキャン可能、③物理ボタンのためソフトキーボードでタッチ操作するより操作ミスが少なく、例えば手袋をしている時も外さずに操作することが可能。また、コードレスで操作できるため、テーブル会計にも容易に対応できる、といった点を挙げている。

飛天ジャパン株式会社

〒103-0016
東京都中央区日本橋小網町9-3CANAL TOWER 4F
  • 03-3668-6668
  • 03-3668-6667
基本機能であるICカードリーダーとPIN PADを搭載したモバイル決済端末に、お客様からのご要望の仕様や機能(例えば磁気カードリーダー、バーコードリーダー、NFCカードリーダー等)を組み合わせ、OEM/ODM供給させて頂きます。お客様に代行しEMV/PCI PTS/Apple MFI/Felica等のセキュリティ認定を取得可能。飛天ジャパンによる日本国内サポート体制と、中国Feitian Technologies 社が持つ、様々な開発技術とセキュリティ技術を駆使し、満足のいく製品を低価格なサービスで提供致します。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

QRコード決済端末「QR POS」と「QR POS lite」を販売(飛天ジャパン)

2019年9月13日7:00

飛天ジャパンは、低価格なQRコード決済端末「QR POS」と「QR POS lite」を販売開始したと発表した。

「QR POS」と「QR POS lite」は、消費者がQRコードを提示する利用者提示型(CPM:Consumer Presented Mode)のQRコード決済端末で、プリンターの有無が両製品の大きな違いとなる。

QRコード決済端末「QR POS」と「QR POS lite」(飛天ジャパン)

 

両製品に共通する特徴として、決済Gatewayは日本恒生ONEPAYに接続済なので、「楽天ペイ(アプリ決済)」、「PayPay」、「LINE Pay」、「Alipay」、「WeChatPay」、「d払い」をはじめ、各種QRコード決済に対応済だという。

また、通信方式は日本の各キャリア(ドコモ・ソフトバンク・AU・格安SIM)4GおよびWi-Fiに対応している(Wi-Fi限定版もあり)。

さらに、4G対応版はインターネット通信設定済みの状態で出荷するため、店舗側の複雑な初期設定作業が不要だ。また、電源をオンにするだけでQRコード決済の利用が可能にななる。

そのほか、既存POSレジシステムの改修は必要ない、コードレスなので設置スペースを確保する必要もない、スキャン専用窓で短時間でスムーズにQRコードをスキャンするといったことも可能だ。

同社では、市場に流通している既存QRコード決済端末との違いとして、①金額表示用ディスプレイが2つあるので、店員も利用者も双方で金額を確認できる、②スキャン専用窓でスキャンするので、カメラでスキャンするよりも、QRコードの向きや角度を気にすることなくスムーズにスキャン可能、③物理ボタンのためソフトキーボードでタッチ操作するより操作ミスが少なく、例えば手袋をしている時も外さずに操作することが可能。また、コードレスで操作できるため、テーブル会計にも容易に対応できる、といった点を挙げている。

飛天ジャパン株式会社

〒103-0016
東京都中央区日本橋小網町9-3CANAL TOWER 4F
  • 03-3668-6668
  • 03-3668-6667
基本機能であるICカードリーダーとPIN PADを搭載したモバイル決済端末に、お客様からのご要望の仕様や機能(例えば磁気カードリーダー、バーコードリーダー、NFCカードリーダー等)を組み合わせ、OEM/ODM供給させて頂きます。お客様に代行しEMV/PCI PTS/Apple MFI/Felica等のセキュリティ認定を取得可能。飛天ジャパンによる日本国内サポート体制と、中国Feitian Technologies 社が持つ、様々な開発技術とセキュリティ技術を駆使し、満足のいく製品を低価格なサービスで提供致します。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト