enterPAYment

Menu

Pontaのインバウンドサービスで「WeChat」と連携、訪日客向けアプリをWi2と共同開発(LM)

2019年2月1日8:35

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(LM)は、2019年2月上旬より、新たに2つの「Pontaのインバウンドサービス」を提供開始すると発表した。訪日観光における情報収集に利用されるスマートフォンを活用したコミュニケーションを通じ、Ponta提携社をはじめとした顧客企業への集客を図る。今後の訪日観光客の拡大が予想されるなか、特に客数の多いアジア圏からのインバウンドに対応する。

2つの「Pontaのインバウンドサービス」(LM)

新サービスでは、まず10億人のユーザーを有する中国大手SNS「WeChat」と連携し、Ponta提携店舗をはじめとした“店舗情報”や“クーポン”を配信する。「WeChat」の「ミニプログラム」機能で、顧客企業の情報を紹介し、訪日中国人の集客を図る。中国からの訪日客への対応はPontaとして初めてとなる。

また、共通ポイントの国際提携グループ「Ponta Global Alliance」の展開国である、インドネシア、マレーシア、韓国の共通ポイント会員約6,000万人向けの訪日客向け観光アプリ「Ponta JAPAN Wi-Fi」を、ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)と共同開発した。アプリから各国の“デジタルPontaカード”を使用してもらうことで、日本の対象のPonta提携店舗でポイントを貯めて、使えるだけでなく、“無料Wi-Fi接続”や提携店舗の“クーポン”を利用することができる。