enterPAYment

Menu

NECインド社がスーラト市に「バス自動料金収受システム」を導入

2018年3月30日19:39

NECおよびNECの海外現地法人であるNECインド社は、インド・グジャラート州のスーラト市に「バス自動料金収受システム」(Automatic Bus Fare Collection:AFC)を導入しました。NECは今後7年間、同システムおよびバス運行管理センターの運用・管理を行う。スーラト市では、一日あたり20万人の通勤者が同システムを利用している。

左から自動改札機、窓口での携帯型端末による乗車券発券の様子(NEC)

NECは、スーラト市のバスを運営するSurat Municipal Corporation (SMC)と2017年5月に契約しAFCを導入した。スーラト市では、AFC導入の第一フェーズとして、2017年10月に開始されたモバイルアプリケーション「スーラトシティリンク」と携帯型乗車券発券端末を利用して、市バス300台で現金によるQRコードチケットの発券が開始された。第二フェーズとして、現在、同市のバス高速輸送システム(BRT:Bus Rapid Transit)の駅195カ所と市バス650台で、現地の決済サービス「Rupay(ルペイ)」をベースとした非接触ICカードを用いて、自動改札機による運賃収受が始まっている。

AFCは、正確かつ信頼性の高い運賃収受が可能であるとともに、集められたデータをもとに各駅におけるバスの乗降客数を把握することで収益管理も可能だ。また、非接触のRupayカードでの乗車が可能なため、乗客はバスの乗車券購入が不要となる。なお、Rupayをベースとした非接触ICカードは、SMCの市民センターやBRTの駅を含む市全体にあるさまざまな場所で、紙幣・小銭・銀行のキャッシュカードを利用して購入・チャージ可能だ。