enterPAYment

Menu

justInCaseの少額短期保険「レジャー保険」販売、デジタル決済にも対応へ(第一生命)

2019年8月14日19 :00

第一生命保険は、スマートフォン完結型のデジタルチャネルによる少額短期保険の販売をスタートすると発表した。同社では、若年層のニーズを捉えた商品・サービスの提供に向けた取り組みとして、スマホやタブレットからチャット形式でダイレクトに申し込みや保険金の請求手続きが完結する Web アプリ「Snap Insurance(商標出願中)」を開発した。

Web アプリ「Snap Insurance」のコンセプト(第一生命)

まずは、少額短期保険業者のスタートアップ企業であるjustInCaseの保険販売代理店となり、キャンプやフェス等の短期間のレジャー時などのケガや他人への賠償といったリスクを補償するレジャー保険(正式名称:保険期間短縮型普通傷害保険)の販売を justInCaseの提供する保険 API(Application Programming Interface)を通じて、2019年8月15日より開始する。

同保険は、手続きの1時間後から 24 時間単位、最大 28 日まで加入手続きが可能だ。保険料は 81 円から(20~24 歳、女性、シンプルプランの場合)となる。また、保険料はクレジットカード払いのみ取り扱う。

なお、2020 年度を目指し、みずほ銀行の提供する「J-Coin Pay」などの電子決済手段にも対応していく予定だという。