enterPAYment

Menu

JR東日本と「Ringo Pass」サービスを利用した移動と情報提供の実証実験(日立製作所)

2018年9月5日6:30

日立製作所は、JR東日本とともに、各種モビリティサービスの利用をワンストップ化し、身近な買い物客や旅行者の交通の利便性を向上する取り組みの一環として、スマートフォンアプリを利用した「Ringo Pass」サービスの実証実験を開始した。実証実験では、モニター企業数社の従業員が「Ringo Pass」サービスを利用し、タクシーとシェアサイクルをスムーズに利用できるワンストップサービスの利便性の検証を行う。

スマートフォンアプリの概要。シェアサイクルは8月30日、タクシーは11月開始予定

同実証実験では、モニター企業数社の従業員が、①各種モビリティサービス(シェアサイクル、タクシー)を検索する機能、②Suicaをモビリティサービスの鍵として利用する機能、③QRコードによる決済機能の3つの機能を備えたスマートフォンアプリを用いて、「ドコモ・バイクシェア」(ドコモ・バイクシェア)および「kmタクシー」(国際自動車)を利用し、鉄道・タクシー・シェアサイクルの利用をシームレスに連携させた移動の利便性向上に関する検証を行うそうだ。

同実証実験を通じ、日立製作所はJR東日本とともに、「Ringo Pass」サービスの実現に向けた検討を進めていく。また、両社を含むコンソーシアム形式により、その他の交通事業者との提携を拡大することで、利用者があらゆるモビリティサービスを簡便・手軽に利用できるモビリティ・リンケージ・プラットフォームの実現を目指す。