enterPAYment

Menu

JR仙台駅などに端末設置、地域電子通貨「竈コイン」に「ポケペイ」採用(ポケットチェンジ)

2019年3月12日7:30

ポケットチェンジは、2019年3月9日から、JR仙台駅、JR本塩釜駅に、外貨を国内外の電子マネーに交換可能なポケットチェンジ端末を新たに設置すると発表した。仙台国際空港に続く、東北エリアでは2台目・3台目の設置となる。

JR仙台駅に設置されたポケットチェンジ端末(ポケットチェンジ)

また、今回の新規設置2台を含む、仙台エリア設置のポケットチェンジ端末からは、外貨や日本円から、交通系電子マネーをはじめとする国内外の各種電子マネーに加え、地域通貨「竈コイン」へのチャージにも対応した。

「竈コイン」は、同社の提供するオリジナル電子マネー発行プラットフォーム「ポケペイ」(ポケットチェンジPAY)を採用して発行された地域通貨となる。塩竈市内の加盟店でキャッシュレス決済(モバイル決済)ができる。また、同端末では、余った「竈コイン」残高をSuicaにチャージ(1竈コイン=1円)することができる。

「竈コイン」開始に伴い、2019年3月末までに専用アプリ「ポケペイ」をダウンロードし、「竈コイン」を新規登録すると、500竈コインポイント(500円相当として支払利用が可能)をプレゼントするキャンペーンを実施している。

なお、 ポケットチェンジは、 JR東日本とJR東日本スタートアップが実施する「JR 東日本スタートアッププログラム 2018」の「アクセラレーションコース」の採択企業であり、 本「竈コイン」は、同プログラムの実証実験の1つとしても取り組まれている。