enterPAYment

Menu

220億円を調達したチャイムという銀行(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2019年3月19日9:00

英国や欧州では既存銀行サービスに飽き足らない人たちを対象にしたチャレンジャーバンクが次々に立ち上がっている。Starling BankやAtom Bank、Monzo、Revolut、N26など枚挙にいとまがない。

 

米国ではそれに先んじてネオバンクと呼ばれるスタートアップが出現した。SimpleやMovenなど。しかし、かつての勢いはない。

 

そこに突如スポットライトを浴びるFinTechスタートアップが現れた。それがチャイム(Chime)である。

 

2013年の操業で、本社はサンフランシスコ。これまで6回の調達で1.1億ドル強を集めていた。今回はシリーズDで2億ドル、約220億円を調達した。

 

時価総額は15億ドルになり、ユニコーンクラブ入りをはたした。