enterPAYment

Menu

1,000以上の口座から決済できる「Bank Pay」今秋開始へ(日本電子決済推進機構)

2019年4月22日17:00

日本電子決済推進機構は、今秋よりオールバンクのスマホ決済サービス、「Bank Pay(バンクペイ)」を開始すると発表した。

Bank Payは、消費者が小売店店頭にてスマートフォンをかざすだけで、メガバンク・地方銀行等をはじめとする最大1,000以上(予定)の銀行口座から直接支払いができるものだ。消費者が全金融機関の共通アプリである「Bank Payアプリ」を利用することで、「Bank Pay」に対応している金融機関であればどの口座でも利用可能となる。

スマホ決済サービス「Bank Pay(バンクペイ)」のイメージ(日本電子決済推進機構)

日本電子決済推進機構では、全国の金融機関およびクレジットカード会社などのパートナーと協働し、加盟店を拡大するという。加盟店は、新たなシステムや端末を導入する必要がなく、導入コスト0円から始められる。ランニングコストも安価に抑える予定で、導入時に1つの金融機関と契約するだけで、消費者個々に合わせた最大1,000行(予定)の利用者が決済できる。

また、Bank Payの機能を小売企業等に開放し、消費者が普段使用する飲食店のクーポンアプリやアパレルブランドのショッピングアプリなど企業独自のアプリ内でも、銀行口座からの支払い機能を利用できるようにする。これにより、各企業は自社のアプリ内で会員証・ポイントカード等の販促機能と支払い機能を連携させることができ、消費者にとっては1つのアプリで支払いまで完了できる。

なお、銀行業界では、横浜銀行(はまPay)や福岡銀行(YOKA!Pay)、ゆうちょ銀行(ゆうちょPay)などが「銀行Pay」による銀行口座直結のスマホ決済サービスを展開・検討しているが、銀行業界として一丸となってキャッシュレス化を進めるために、ネットワークの共用等、「加盟店の相互開放」に向けた検討を開始するという。