enterPAYment

Menu

飲料自動販売機のキャッシュレス決済の普及に向けてプリペイド決済サービス展開(TenTen/三井住友カード)

2019年7月12日16:00

TenTenと三井住友カードは、資本業務提携を行い、飲料自動販売機マーケットのキャッシュレス決済の普及に向けてプリペイド決済サービスを展開するとともに、飲料自販機事業者の業務効率化および働き方改革の推進を積極的に支援していくと発表した。

協業スキーム図(TenTen/三井住友カード)

両社では飲料事業者に対し、①決済端末の低廉化および決済データ処理にかかる通信コストの大幅削減による飲料事業者のキャッシュレス導入ハードルの引き下げ、②飲料自販機の売上・商品在庫情報等、リアルタイムでの可視化によるルートドライバーの業務効率の大幅改善、③消費者のキャッシュレス決済による商品購入と連動した「スタンプサービス」や「ポイントサービス」等を通じた顧客向けロイヤリティプログラムの提供、④キャッシュレスの普及が遅れていた飲料自販機分野における、プリペイド方式のキャッシュレス決済サービスの利用促進と、今後の幅広い業態(コインパーキングやコインランドリーなど)における無人精算機マーケットへのキャッシュレス決済の裾野拡大、を行う。

三井住友カードは、「利用者」・「事業者」双方の課題を解決し、使いやすい環境を整備するという。今回、「事業者」がキャッシュレス決済を導入しやすくする環境整備の一環として、 特に、飲料事業者が抱えている課題に対し、 新たなソリューションを提供することで、キャッシュレス化が進んでいない5兆円超とも言われる日本の無人精算機市場において、新たにスマホアプリによるプリペイド決済を推進し、キャッシュレス決済の裾野拡大を図るという。

また、中小事業者がキャッシュレスの導入時に抱える課題に対しては、スマートフォンやタブレット端末に接続するだけで利用できる決済サービスであるSquare(スクエア)を積極的に推進していく。