enterPAYment

Menu

音楽配信、通信インフラ、POSレジ、決済などで協業へ(リクルート/USEN-NEXT HOLDINGS)

2018年8月23日16:14

リクルートホールディングスの中間持ち株会社であるリクルートとUSEN-NEXT HOLDINGSは2018年8月23日、中小企業の労働生産性向上およびIT化促進に向けて業務提携契約を締結した。両社では、音楽配信、通信インフラ、POSレジ、決済などで協業するという。

業務提携の枠組み(リクルート/USEN-NEXT HOLDINGS)

リクルートライフスタイルは、無料で使えるPOSレジアプリ『Airレジ』や、 注文・配膳業務をサポートするオーダーエントリーシステム『Airレジ ハンディ』、 カードや電子マネーが使える決済サービス『Airペイ』などの業務支援ソリューションを提供しており、現在飲食店や美容サロン、小売店を中心に導入が進んでいる。

これまでも、全国50拠点2,000名を超える営業スタッフや、全国のビックカメラに開設した「Airレジ サービスカウンター」で、店舗への導入時の案内やサポートを行ってきたが、 Airシリーズをより多くの店舗に細やかなサポートとともに提供していく体制強化のため、USENと連携した取り組みを2018年度中に開始する。

今回の業務提携契約の締結により、店舗をとり巻く課題に対し、両社は互いのサービスを互いの顧客に対して提供することが可能となる。具体的にはリクルートライフスタイルはUSENの展開するネット設備サービス、BGM関連サービスの案内が可能となる。また、USENは全国の加盟店、新規開業店舗に一部の「Airシリーズ」の案内が可能となる。