enterPAYment

Menu

静岡県内の75店舗でモバイルオーダーなど「未来型店舗体験」導入(日本マクドナルド)

2019年4月9日20:00

日本マクドナルドは、2019年4月10日より、静岡県内の75店舗にて、利用者の店舗体験の向上をもたらす「未来型店舗体験」を導入すると発表した。

「ゲストエクスペリエンスリーダー」、「テーブルデリバリー」、「モバイルオーダー」(日本マクドナルド)

具体的には、利用者一人一人に、より充実したサービスを提供する考えのもと、「ゲストエクスペリエンスリーダー」、「テーブルデリバリー」、「モバイルオーダー」を各店舗に導入することで、さまざまな顧客の多様なニーズに対応するという。「未来型店舗体験」は、2019年1月の沖縄県内マクドナルド店舗でのパイロット導入で、利用者から好評を得たという。そして今回は全国への本格導入に先立ち、静岡県内75店舗で導入を開始。「未来型店舗体験」を通じて、クイックサービスレストランのサービススタンダードの刷新を図るとしている。

「ゲストエクスペリエンスリーダー」は、来店から退店までの利用者の店舗体験全体をサポートするスタッフとなる。「テーブルデリバリー」は、注文カウンターで支払いが終了した人に番号プレートを持って席で待ってもらい、クルーが利用者の食事を届けるサービスだ。「モバイルオーダー」は、来店前にスマートフォンのアプリで商品の注文を完了することができ、来店時にアプリ上で決済をするだけで、できたての商品が準備され、ピックアップされる。「テーブルデリバリー」と「モバイルオーダー」を合わせて利用してもらうことも可能だ。

なお、アプリ上の決済は、4月10日はクレジットカード(Visa、Mastercard、JCB、Diners)、LINE Pay決済のみであり、今後、楽天ペイ(オンライン決済)、d払いでも利用可能になる予定だ。