enterPAYment

Menu

電子チケットticket boardが「LIVE QR」提供、動的QRコードと顔写真登録で不正転売防止(ボードウォーク)

2019年6月14日12:00

電子チケットサービス「ticket board」を運営するボードウォークは、2019年6月14日の「チケット不正転売禁止法」施行に伴い、不正防止に役立つ入場専用アプリ「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の提供を新たに開始すると発表した。

入場専用アプリ「LIVE QR(ライブ・キューアール)」(ボードウォーク)

ticket boardは、従来から電子チケットの特徴を生かし「購入時の同行者の指定」や「公演直前の座席通知」など、さまざまな角度からチケットの不正転売への対策を講じてきたが、 チケット不正転売禁止法施行に伴い、さらに強化した防止策を有する電子チケットアプリ「LIVE QR」を開発、サービスの提供を開始した。

今回は、 不正転売を「牽制」「抑止」「検知」する機能を加えることで、未然に防ぐことが可能なシステムを構築。まず、一定時間ごとにQRコードが切り替わり変化することで、 事前にキャプチャされたQRコード画像による入場を抑止する(最新のQRコードのみ有効)。 さらに円を常に周回する動きにより、キャプチャ行為を牽制。またQRコード自体は暗号化されているため、偽造が困難だとしている。

さらに、従来、(チケットの本人確認が必要な場合)写真付きの身分証明書の持参を来場者に依頼し個別チェックを実施していたが、「LIVE QR」はアプリ内に顔写真の登録が可能になった。アプリを起動した上で撮影した写真のみ利用可能で、顔認証登録が必須の公演の場合、申し込み中の写真の変更はできないことから、不正転売の抑止ができる。

そのほか、昨年発生したネットワーク障害で、電子チケットの利用ができなくなるという事態が発生したことを受け、ネットワーク障害への対策として「公演前日にダウンロードを促すメール」を配信し、リスクを軽減する。同アプリでは、前日に一度でもQRコードを表示していれば、当日オフラインであっても入場が可能だ。