enterPAYment

Menu

阪急阪神百貨店へコード決済を提供(メルペイ)

2019年3月27日7:30

メルペイは、同社が運営するフリマアプリ「メルカリ」のスマホ決済サービス「メルペイ」のコード決済を、2019年3月26日より阪急阪神百貨店が運営する「阪急本店(阪急メンズ大阪含む)」「阪神梅田本店」など12店舗に提供を開始した。

利用可能店舗は、阪急本店(阪急メンズ大阪含む)、千里阪急、川西阪急、宝塚阪急、西宮阪急、博多阪急、阪急メンズ東京、阪急百貨店 大井食品館、都筑阪急、阪神梅田本店、あまがさき阪神、阪神・にしのみやとなっている。

なお、「メルペイ」は、「メルカリ」の売上金のほか、普段利用している銀行を登録し「メルペイ」に残高をチャージすることで、スマートフォンを使ってお店や「メルカリ」で買い物が可能だ。非接触決済サービス「iD」、コード決済のいずれも対応しており、コンビニエンスストアやレストラン、ドラッグストア、ファストフード店などで利用できる。

阪急阪神百貨店へコード決済を提供(メルペイ)

2019年3月27日7:30

メルペイは、同社が運営するフリマアプリ「メルカリ」のスマホ決済サービス「メルペイ」のコード決済を、2019年3月26日より阪急阪神百貨店が運営する「阪急本店(阪急メンズ大阪含む)」「阪神梅田本店」など12店舗に提供を開始した。

利用可能店舗は、阪急本店(阪急メンズ大阪含む)、千里阪急、川西阪急、宝塚阪急、西宮阪急、博多阪急、阪急メンズ東京、阪急百貨店 大井食品館、都筑阪急、阪神梅田本店、あまがさき阪神、阪神・にしのみやとなっている。

なお、「メルペイ」は、「メルカリ」の売上金のほか、普段利用している銀行を登録し「メルペイ」に残高をチャージすることで、スマートフォンを使ってお店や「メルカリ」で買い物が可能だ。非接触決済サービス「iD」、コード決済のいずれも対応しており、コンビニエンスストアやレストラン、ドラッグストア、ファストフード店などで利用できる。