enterPAYment

Menu

関西国際空港エアロプラザ内「なか卯」でタッチパネル端末設置、キャッシュレス対応(関西エアポート)

2019年9月11日12:00

関西エアポートは、2019年9月26日、関西国際空港エアロプラザ3階に、丼ぶりと京風うどんの「なか卯 関西国際空港店」がオープンすると発表した。

タッチパネル端末(関西エアポート)

「なか卯」は全国に450店舗以上を展開する和食ファーストフード店であり、関西国際空港では24時間営業で顧客ニーズに対応している。

新店舗では、「タッチパネル端末の設置」、「関西国際空港限定メニューの提供」「朝ごはん、ランチセット、夜定食の提供」といったサービスを展開する。タッチパネル端末はこれまでの券売機では利用できなかったクレジットや電子マネーでの決済が可能となり、言語は4ヵ国語(日・英・韓・中)に対応する。また、関西という立地を踏まえ、大阪のソウルフードとも呼ばれる「肉すい」を関西国際空港店限定のオリジナルメニューとして提供する予定。「なか卯」でのタッチパネル端末の設置及び店舗限定メニューの提供は、いずれも初めての試みとなる。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト