enterPAYment

Menu

金属・異素材カード、指紋認証ICカード、プリペイドカードサービス等を手掛けるKONAの魅力とは?

2019年7月1日12:00

KONAインターナショナルは、グローバルなフィンテック市場にトータルソリューションとプラットフォームを提供するIT企業だ。同社の主軸はICカードの開発・製造であり、韓国2カ所の拠点で、年間2億枚を製造している。また、韓国市場において7割のシェアを占め、ほかにもアメリカ、アジア、中東、ヨーロッパなどグローバルで幅広く事業を展開しているそうだ。

 

同社は、メタルカードの世界トップサプライヤーでもあり、ほかにも木やLEDなどさまざまな素材・技術を用いたペイメントカードの製造を手がけている。また、指紋センサーカードの開発から製造までを自社内で完結できる、世界で唯一のベンダーを自負している。さらに、韓国では仁川広域市および京畿道の地域電子マネーの導入支援・運用代行も行うように、プリペイドカードサービス・ASPサービスを手掛けている。

今回は、グローバルな市場でさまざまなカードの製造・販売を手がける同社の強みについて紹介する。

■記事1

メタルカードの世界トップサプライヤー「KONA」が日本市場に異素材カードを提案する理由とは?
最新技術を駆使した個性あるペイメントカードの投入で差別化を促進し市場に活気を――