enterPAYment

Menu

訪日外国人向け「Prepaid LTE SIM」の自動販売機でQRコード決済導入(ソニーネットワークコミュニケーションズ)

2019年2月13日21:00

ソニーネットワークコミュニケーションズは、訪日外国人に向けた「Prepaid LTE SIM」の自動販売機にて、QRコード決済機能の導入を開始すると発表した。このほど、中国のQRコード決済サービス「WeChatPay」、「AliPay」に対応し、主に中国からの訪日旅行客の需要に応えるとしている。2019年2月13日、 関西国際空港の自動販売機での導入を皮切りに、 福岡空港、成田国際空港にて順次対応する。

QR決済のイメージ(ソニーネットワークコミュニケーションズ)

ソニーネットワークコミュニケーションズは、短期滞在でも外国人旅行者が手軽にインターネットサービスを利用できるよう、プリペイド式のSIMカード「Prepaid LTE SIM」を2014年4月より国内の空港や駅、観光地などで販売している。

今回、キャッシュレス化の広がりとインバウンド需要を背景に、従来の現金決済に加えてQRコード決済に対応することで利便性の更なる向上を目指す。