enterPAYment

Menu

葉山・一色海岸の海の家「SAIL HUS」で6種類のスマホ決済導入(FMG)

2019年7月4日17:00

FMGは、2019年7月5日~8月31日までの間、海の家「SAIL HUS(セイルハウス)」を一色海岸海水浴場(神奈川県葉山町)にて開業する。今年は、キャッシュレス対応、日本初のコンテナ採暖室や絶景予約フロアなど、海の家に今までになかった新たな体験を提案するという。

海の家「SAIL HUS(セイルハウス)」(FMG)

キャッシュレス決済への対応では、濡れたお札を使わずに施設利用が可能だ。また、TableCheckによる現金、カード、スマホも不要な”会計レス”決済が利用できる予約システム、ChargeSPOTによるモバイルバッテリーシェアリングサービス、電波の繋がりにくい環境を改善する専用WiFi、ビーコンによる海のデータマーケティングなど、IT・テクノロジーから海の滞在体験をアップデートするそうだ。

事前に予約すれば、当日会計の必要なく手ぶらで飲食が利用できる「TableCheckPayオートペイ」をはじめとする6社のスマホ決済を導入。「TableCheckオートペイ」は、予約時にクレジットカード情報を入力し、同サービスでの支払いを選択しておけば、当日は、お店での会計なしに、食事をして帰るだけで済む。貴重品の管理が面倒なビーチを手ぶらで過ごすことが可能だ。また、LINE Pay、PayPay、Alipay、Wechat Pay、d払いを導入している。

さらに、今年から、毎年再利用できるコンテナを使用し、葉山の海とサンセットを一望できるルーフトップテラスには予約制のプレミアムリザーブシート(ファミリースイート、グループシート、ペアシート)を設けている。選りすぐりの葉山食材を使用したBBQや、そうめん、ヴィーガンアイスなど国内外の名店とのコラボメニューを提供する。リラックススペースには海で冷えた身体を温められる日本初のコンテナ採暖室を採用したそうだ。