enterPAYment

Menu

生体認証とRFID活用の「無人販売ショーケース」を共同開発(Liquid/パナソニック)

2019年2月4日8:00

Liquidとパナソニックは、利用者に手ぶらで商品を購入してもらえるソリューションとして、「無人販売ショーケース」を共同で開発した。三菱地所大手町ビルにオープンした「Inspired.Lab」において実証実験を実施している。

「無人販売ショーケース」の特徴(Liquid/パナソニック)

「無人販売ショーケース」の商品購入手順は、Liquidが提供する生体認証(指紋)スキャナーにてショーケースのドアを開け、欲しい商品を選んで手に取ると、パナソニックが提供するRFID読み取り技術で、手にした商品を追跡する。その後、Liquidが提供する生体認証と連動した決済ソリューション「PASS」を通じて、ショーケース前面に設置されたディスプレイに購入したい商品と価格が表示され、商品購入が完了する。

「無人販売ショーケース」は、両社が持つ認識・認証技術を組み合わせることで、購入者は、従来のセルフ形式での商品バーコードの読み取りや、漏洩が心配なパスワードの入力、カードの紛失などから解放され、一方で導入者は、オフィスの狭小スペースでも設置が可能となり、スタッフの無人化によるコストダウン、24時間セキュアに買い物ができる利便性と快適な購買体験を提供できるとしている。