enterPAYment

Menu

決済業界にはびこる性的差別(NCB Library)

2019年9月14日9:00

新興決済協会(EPA: The Emerging Payments Association)は、決済業界における女性に対する性差別について調査した。対象は174人。そのうち女性は78%である。

 

性差別は許容しがたいほど高い、と回答した女性は実に77.5%にもなった。4人に3人というのは異常だ。男性でそう感じていると回答した人は38%だった。

 

回答者のうち、個人的に性差別を受けた経験があると回答した人は50%を超えた。

この記事の著者

NCB Lab.代表 佐藤元則

「NCB Library」のリアルタイム更新はこちら
※本記事はNCB Lab.代表 佐藤元則氏の「NCB Library」原稿をご紹介しています