enterPAYment

Menu

横浜中華街発展会協同組合とPayPayが業務提携契約を締結

2019年7月5日19:06

横浜中華街発展会協同組合とPayPayは、中華街発展会に加盟する店舗への「PayPay」の導入を推進するため、2019年7月4日に業務提携契約を締結した。

同契約は、2019年4月26日に中華街発展会とソフトバンクが発表した、スマートシティ推進に向けた包括的な協業に関する取り組みの第1弾として、発展会加盟店への「PayPay」の導入を推進するにあたり、中華街発展会とPayPayの役割などを定めて取り組みを加速することを目的としている。

中華街発展会は、発展会加盟店に「PayPay」の導入を斡旋するとともに、導入にあたって必要なサポートを行う。また、PayPayは、PayPay加盟店となった発展会加盟店への集客を促進する活動を実施。具体的には、8月1日~8月31日まで、PayPay加盟店となった発展会加盟店において「PayPay」で支払ったユーザーに最大20%のPayPayボーナスを付与する「熱烈歓迎!横浜中華街おトクな夏祭り」を開催する。