enterPAYment

Menu

楽天とぐるなびが資本業務提携、会員IDやポイントプログラムで連携強化

2018年7月30日19:33

楽天は、2018年7月27日開催の取締役会、ぐるなびは、7月30日開催の取締役会において、両社の間で資本業務提携に係る契約を締結することを決議したと発表した。

今回の資本業務提携により、まず、楽天とぐるなびは飲食店の予約サービスにおける提携をより一層強化していく。経済産業省「平成29年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」によると、国内の飲食店のオンライン予約の市場規模は2017年において4,502億円と推定され、前年比36.8%と高い成長を示している。ぐるなびにとっては消費者のさらなる利便性向上、外食需要の増大につながるとの観点から飲食店における対応を支援すべく重要な事業として位置付けられていると同時に、楽天においては、オフラインサービスである飲食店舗へのエコシステムの拡大という観点で重要な事業と位置付けられている。両社はこれまでも同事業においてさまざまな提携を行ってきた。2018年3月に、ぐるなび会員が飲食店のネット予約やぐるなびECサイトを利用することで貯めることができるポイント「ぐるなびポイント」から楽天の運営する共通ポイント「楽天スーパーポイント」へ交換できるサービスを開始し、2018年5月には、楽天が運営するグルメ情報サイト「Rakoo(ラク―)」の新規加盟店開拓において提携することで合意している。そして、今回の資本業務提携を機に、飲食店の予約サービスにおける連携強化の一環として、楽天会員とぐるなび会員のIDやポイントプログラム(楽天スーパーポイント、ぐるなびポイント)の連携を進める。

さらに、両社が現在推進している取り組みにおいては相乗効果を発揮できる領域が多くあると考えていることから、今回の取り組みに留まらず両社のブランドや蓄積するデータを活用し、多様な飲食店の課題や消費者のニーズに応えるサービスの開発、販売促進を共同して進めることで、両社の事業の強化・拡大につなげていく方針だ。

なお、楽天は、2018年7月30日付けで、ぐるなび代表取締役会長である滝久雄氏からその保有するぐるなび株式の一部(4,677,600株)を市場外の相対取引により譲り受ける旨を合意した。同譲渡は2018年8月22日付で実行される予定だ。