enterPAYment

Menu

木更津市役所 窓口手数料がアクアコインで支払い可能に(フィノバレー)

2019年6月14日12:00

アイリッジの連結子会社のフィノバレーの電子地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を利用した、千葉県木更津市を対象とする電子地域通貨「アクアコイン」は、市民サービスの向上および窓口業務の負担軽減を図る観点から、2019年6月12日より市役所窓口での証明書発行等の手数料支払いに対応した。

支払いのイメージ(フィノバレー)

アクアコインは君津信用組合、木更津市、木更津商工会議所の3者が連携し導入を推進している、スマートフォンアプリ上で利用できる電子地域通貨となる。利用者は加盟店に設置された二次元コードを読み取ることで決済可能だ。加盟店は二次元コードの設置のみで導入が可能で、売上金として入金されたコインは預金口座へ換金入金することに加え、コインのまま他加盟店への支払い(送金)にも使用できる。

アクアコインでの支払い対象となるのは、総務手数料の「税務関係証明及び閲覧手数料」「戸籍関係手数料」「住民票関係手数料」「印鑑証明手数料」「自動車臨時運行許可手数料」「船員関係手数料」「諸証明手数料」「住民票広域交付手数料」「通知カード再交付手数料」「個人番号カード再交付手数料」、衛生使用料(保健衛生使用料)の「火葬場使用料」となる。

市役所窓口に設置された二次元コードをアクアコインアプリで読み取ることにより支払いが完了する。