enterPAYment

Menu

新生堂薬局のキャッシュレス店舗に電子マネーチャージ機納入(OKI)

2018年12月12日17:30

沖電気工業(OKI)は、このほど新生堂薬局が運営する九州のドラッグストアキャッシュレス店である「ドラッグ新生堂香椎駅前」に、お釣り出金可能な電子マネーチャージ機「CZ-20シリーズ」を納入したと発表した。

電子マネーチャージ機「CZ-20シリーズ」(OKI)

新生堂薬局は、九州地区を中心として100店舗以上のドラッグストア・調剤薬局のチェーン展開をしている。同社では、福岡市が「キャッシュレス FUKUOKA」を合言葉に推進しているキャッシュレス活動に賛同し、クレジットカードや交通系ICカード・電子マネー・スマホ決済のみ決済が可能な「ドラッグ新生堂香椎駅前」を開店している。

同社では、バリューデザインが提供する電子マネー発行システム「バリューカードASPサービス」を利用した会員向け電子マネー、 ポイントサービスを展開し、 「ハッピーカード」を発行している。同店舗での「ハッピーカード」への電子マネーチャージ機として、OKIの「CZ-20シリーズ」(バーコードタイプ)が採用されている。

なお、「CZ-20シリーズ」は磁気ストライプ、 ICチップ、 バーコードの各種電子マネーに対応している。