enterPAYment

Menu

払込票を利用したスマホアプリ決済サービス開始(電算システム/ゆうちょPay)

2019年6月6日19:40

電算システムは、コンビニ収納代行サービスにおいて、ゆうちょ銀行とスマホ決済サービス「ゆうちょPay」の取り扱いを 2019 年6月7日より開始すると発表した。

払込票を利用したアプリ決済サービス概要図(電算システム)

「ゆうちょPay」は、ゆうちょ銀行の口座保有者が、ゆうちょ銀行と契約した店舗等での代金の支払い時に、専用のスマートフォンアプリを操作することで、予め登録したゆうちょ銀行口座から代金を即時に引き落とす、銀行口座直結型の決済サービスとなる。

同提携により、「ゆうちょPay」で払込票のバーコードを読み込むことで即時に商品・サービスの代金、公金(取扱いは 2019 年9月頃の開始を予定)の支払いを完了することが可能となる。ゆうちょ銀行の通常貯金口座数は約 1.2 億口座であり、潜在的ユーザーの規模が大きいことから「ゆうちょ Pay」の広がりが予想され、収納企業への導入メリットにつながると考えている。

また、同サービスは銀行口座直結型スマホ決済サービス「銀行Pay」のマルチバンク決済機能(銀行間の相互乗り入れ)を導入をしており、「銀行Pay」参加行は、同機能により加盟店の共有化が可能となる予定だ。これは、同機能を導入する「銀行Pay」参加行のスマホアプリユーザーであれば、アプリに登録した銀行の加盟店でなくても支払いが可能となることであり、電算システムの収納企業の支払いも同様となる。

電算システムでは、最初の「銀行 Pay」サービスとして、「ゆうちょPay」の提供から開始し、順次「銀行 Pay」参加行のスマホアプリ決済サービスの準備が整い次第、提供を行う予定だ。