enterPAYment

Menu

広島銀行が「銀行Pay」の基盤システム活用、独自のスマホ決済サービス開始(GMO-PG)

2019年9月13日16:00

GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)は、 「銀行Pay」の基盤システムを、 広島銀行へ提供すると発表した。 広島銀行は、「銀行Pay」の基盤システムを活用した独自のスマホ決済サービスを、 2020年度上期(4~9月)を目処に展開する予定だ。

「銀行Pay」は、導入している銀行に口座を持つ人が、加盟店での買い物時に、スマホアプリから即時に口座引き落とし等の支払いが可能となるサービスだ。同サービスを導入している銀行間の相互連携を可能にするマルチバンク決済機能(銀行間の相互乗り入れ)にも対応しているので、マルチバンク対応の「銀行Pay」の基盤システムを活用した他行独自のスマホ決済サービスのいずれの加盟店でも、銀行や地域を越えて「銀行Pay」を利用可能だ。

マルチバンク決済機能(銀行間の相互乗り入れ)対応

なお、マルチバンク決済機能(銀行間の相互乗り入れ)対応の「銀行Pay」基盤システム導入済み、もしくは導入予定の金融機関は2019年9月13日時点)で、横浜銀行、 ふくおかフィナンシャルグループ(福岡銀行・熊本銀行・親和銀行)、ゆうちょ銀行、沖縄銀行、ほくほくフィナンシャルグループ(北陸銀行・北海道銀行)、広島銀行となる。

GMOペイメントゲートウェイ株式会社

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-14-6ヒューマックス渋谷ビル7F
  • 03-3464-2323
  • 03-3464-2477
GMO-PGは、ネットショップなどのオンライン事業者、NHKや定期購入など月額料金課金型の事業者、国税庁や 東京都等の公的機関など102,484店舗(GMO-PGグループ2018年9月末現在)の加盟店及び金融機関等に、総合的な決済関連サービス及び金融関連サービスを提供しています。決済業界のリーディングカンパニーとして、決済サービスを中心に、加盟店の売上向上に資するweb広告サービスや、加盟店の成長を資金面からサポートする融資等の付加価値サービスを提供し、年間決済処理金額は3兆円を超えています。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト