enterPAYment

Menu

家計簿アプリ「カケイブ」の提供を開始(イオン銀行)

2018年8月28日11:11

イオンフィナンシャルサービスの子会社であるイオン銀行は、2018年8月27日から、家計簿アプリ「カケイブ」の提供を開始すると発表した。

レシートの撮影で自動的に店舗名や費目を入力できる(イオン銀行)

カケイブは、日々の買い物のレシートをスマートフォンで撮影すると、金額に加え、食費、医療費、交際費、住宅費の「費目」や、「購入店舗」などを自動で分類・表示できる家計簿アプリだ。資産総額や支出バランスなどの家計情報をグラフ化し、利用者はその情報を希望に合わせてカスタマイズできる。また、イオン銀行の口座利用者は、インターネットバンキングのログイン情報を登録して連携することで、口座の入出金データを分類し、グラフで一覧表示できる。

それに加え、利用者1人1人の家計状況に対し、オリジナルキャラクター「タマル」が節約情報などをアドバイスする機能や、毎日1回電子マネーWAONポイントが当たる「くじ引きチャンス」などを提供する。