enterPAYment

Menu

官民連携の「キャッシュレスキャンペーン」開始、30社が体験ブースでサービス紹介

2019年4月1日8:00

一般社団法人キャッシュレス推進協議会、およびプレミアムフライデー推進協議会は、経済産業省、決済事業者や小売業者と連携し、2019年3月29日より「キャッシュレスキャンペーン」を開始した。第一弾キャンペーンとなる3月29日の「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」当日には、経済産業省でキックオフイベントが行われた。

個人消費の盛り上がりにつなげる

「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」は、経済産業省とキャッシュレス推進協議会の会員企業が中心となって、キャッシュレス決済の認知や利用を拡大することを目的とした取り組みとなる。キックオフイベントでは、キャッシュレス推進協議会から「キャッシュレスキャンペーン」の狙いや意義の説明に加え、参画企業10社がそれぞれの取り組みを紹介した。

前列左から、NTTドコモ 執行役員プラットフォーム ビジネス推進部長 前田義晃氏、Origami 代表取締役社長 康井義貴氏、プレミアムフライデー推進協議会 日本経済団体連合会 副会長 石塚邦雄氏、経済産業大臣 世耕 弘成氏、キャッシュレス推進協議会 会長 鵜浦博夫氏、ソフトバンク 代表取締役副社長 執行役員兼COO、PayPay取締役 榛葉淳氏、JR東日本 常務執行役員 IT・Suica事業本部長 野口忍氏、後列左からみずほフィナンシャルグループ 専務執行役員 CDIO 山田 大介氏、三井住友カード 代表取締役社長 大西幸彦氏、LINE Pay COO長福久弘氏、楽天カード 代表取締役社長 穂坂 雅之氏、セブン-イレブン・ジャパン取締役専務執行役員酒井良次氏、メルペイ 代表取締役 青柳直樹氏

冒頭挨拶したキャッシュレス推進協議会 会長 鵜浦博夫氏は、「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」の実施により、消費者がキャッシュレスに触れる機会を創出し、その良さを体験してもらいたいとした。プレミアムフライデー推進協議会 日本経済団体連合会 副会長 石塚邦雄氏も「個人消費の盛り上がりにつなげていきたい」と説明した。

第一弾キャンペーンとして、「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」を実施し、第二弾として、プレミアム・フライデーと10連休にかかる4月26日~5月6日に「キャッシュレス・ウィーク」を実施予定だ。

キャッシュレスウィーク賛同予定企業

「キャッシュレス」と「プレミアムフライデー」には3点の共通点?

当日は、経済産業大臣の世耕 弘成氏も登壇。今回は「キャッシュレス」と「プレミアムフライデー」を推進する初の取り組みとなるが、3点の共通点があるとした。プレミアムフライデーは、消費者の生活体験や金曜日の過ごし方を変え、キャッシュレスは日常的なお金の払い方の方法を変え、豊かで便利な生活をもたらすとした。2つめは、消費還元を通じて事業者のサービスの拡大につながっていくとした。3つめは、どちらも“食わず嫌い”になりがちという点だ。プレミアムフライデーは「働き方を変えられるわけがない」、「早く帰るのは無理だ」という意見がある。一方、キャッシュレスも「難しくて、危険、複雑」という誤解があるとした。ただ、一回行うと便利で楽しいものであると強調した。そのうえで、消費者にも事業者にも多様なメリットをもたらす「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」を一過性ではなく、継続的に続けていきたいとした。

なお、これまでのキャッシュレス推進協議会では、統一QRコード・統一バーコードの仕様を定め、そのガイドラインを公表している。また、APIガイドラインを4月をめどに公表する予定だ。2019年度はさらなるキャッシュレス化の推進に向けて、特定地域プロジェクトなどを実施していく。

当日はお弁当やドリンクもLINE PayやOrigami Pay、PayPayなどで購入可能に。世耕氏は経済産業省内部でのキャッシュレス化も進めていきたいとした

30社の展示を一挙紹介

当日は、キャンペーンへの賛同企業42社のうち30社が展示を行った。

サンデン・リテールシステムは、商品のバーコードを
読み取り、指紋認証で決済する新しいタイプのセルフレジを展示。また、生体認証で購入できる自動販売機を紹介

アイディテックジャパンは、商品購入と磁気カード、クレジットカード、コンタクトICカード決済のデモを実施

イオンフィナンシャルサービスは、若い世代の新生活を応援する「U-25新生活キャンペーン」を3月1日より開始。また、イオンリテールでは、「ご当地WAONとGG WAONの一体化」をPRした(イオングループとして2コマ出展)

和晃は機器後付けQRコード決済端末機の展示、Origami PayやPayPayといった支払いのデモを実施。ゲームセンターでの採用実績もある

Origamiは、3月29日にOrigami Pay の利用で何度でも10%OFF(最大割引金額:1,000円)になるキャンペーンを実施。さらに、当日の15時~18時の間に利用した人には、後日100円OFFクーポンをプレゼントしている

メディカルメンバーシステムは、デジタル診察券アプリ、あと払いサービスを案内した

アルメックスは、病院、ホテルでのキャッシュレスを実現可能なキオスク端末を紹介

NTTドコモは、3月に「d払いでdポイント40倍還元!キャンペーン」を実施した。ブースではd払いやiDの説明を行った

エムティーアイは口座直結型のQRコード決済「&Pay」を紹介

共同印刷は、キャッシュレス経費決済システム「Bizプリカ」を説明した

Global Open Networkと三菱UFJフィナンシャル・グループは、ブロックチェーン技術や新決済プラットフォームの説明を行った

KDDIは、2019年4月から開始予定の「au PAY」を紹介

コイニーは、スマートフォンと連携する決済サービス「Coiney」を紹介した

コモニーは、親からおつかいに子供に、会社から出張に行く際に社員に支払いなどが利用可能な「コモニー」を紹介した

NIPPON Platformは、店舗販促となる専用タブレット端末など地域や店舗を活性化させるためのソリューションを紹介した

JR東日本は、Suicaペンギンによる「Suica」決済のデモンストレーションなどを実施した

ネットプロテクションズは、後払いによるカードレス決済「atone(アトネ)」を紹介した

PayPayは、3月29日の15時~18時の期間中にPayPay加盟店の飲食店で、PayPay決済を利用した人に対し、支払額の最大20%のPayPayボーナスを付与するキャンペーンを実施。付与上限は1万円相当となった

みずほ銀行は、QRコードを活用したスマホ決済サービス「J-Coin Pay(ジェイ コイン ペイ)」を紹介

三井住友銀行は、三井住友銀行アプリの機能説明を行った

三井住友カードは、Square(スクエア)との提携を強化して、決済端末の無償提供や決済手数料の無料化キャンペーンを実施するなど、中小事業者のキャッシュレス対応を支援

Squareは、国内でクレジットカード読み取り機「スクエアリーダー」の新しいモデルを発表

ビザ・ワールドワイドは、「Visaのタッチ決済」をPR。直近ではぐるなびの「ぐるなびPay」が対応を発表

楽天は、「楽天Pay」などの決済手段をPR。楽天楽天カードは、3月29日の「プレミアムキャッシュレス”フライデー! 3時間限定329,000ポイント山分け!」キャンペーンを実施

リクルートライフスタイルは「Airペイ」を紹介。クレジットカード、QR決済、電子マネーに対応

ロイヤルゲートは、クレジットカード、NFCのタッチ決済、FeliCa系電子マネー、QRコード決済から、共通ポイントまで、多様な決済手段に1台で対応するモバイル型マルチ決済端末「PAYGATE Station」を紹介。花キューピットなどで採用が進んでいる

メルカリは、決済サービス「メルペイ」を紹介。クーポン機能の提供もスタートし、2019年3月29日より全国の「セブン-イレブン」や「ガスト」、「はま寿司」で利用できるクーポンを配布。「セブン-イレブン」で好きなおにぎり1個を11円(税込)で購入できるほか、「はま寿司」で中とろ一皿が無料になるサービスを開始している

セブン-イレブンは、電子マネー「nanaco」を紹介した

LINE Payは、「LINE Pay」のキャッシュレス体験とチャージを促した

 

 

 

官民連携の「キャッシュレスキャンペーン」開始、30社が体験ブースでサービス紹介

2019年4月1日8:00

一般社団法人キャッシュレス推進協議会、およびプレミアムフライデー推進協議会は、経済産業省、決済事業者や小売業者と連携し、2019年3月29日より「キャッシュレスキャンペーン」を開始した。第一弾キャンペーンとなる3月29日の「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」当日には、経済産業省でキックオフイベントが行われた。

個人消費の盛り上がりにつなげる

「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」は、経済産業省とキャッシュレス推進協議会の会員企業が中心となって、キャッシュレス決済の認知や利用を拡大することを目的とした取り組みとなる。キックオフイベントでは、キャッシュレス推進協議会から「キャッシュレスキャンペーン」の狙いや意義の説明に加え、参画企業10社がそれぞれの取り組みを紹介した。

前列左から、NTTドコモ 執行役員プラットフォーム ビジネス推進部長 前田義晃氏、Origami 代表取締役社長 康井義貴氏、プレミアムフライデー推進協議会 日本経済団体連合会 副会長 石塚邦雄氏、経済産業大臣 世耕 弘成氏、キャッシュレス推進協議会 会長 鵜浦博夫氏、ソフトバンク 代表取締役副社長 執行役員兼COO、PayPay取締役 榛葉淳氏、JR東日本 常務執行役員 IT・Suica事業本部長 野口忍氏、後列左からみずほフィナンシャルグループ 専務執行役員 CDIO 山田 大介氏、三井住友カード 代表取締役社長 大西幸彦氏、LINE Pay COO長福久弘氏、楽天カード 代表取締役社長 穂坂 雅之氏、セブン-イレブン・ジャパン取締役専務執行役員酒井良次氏、メルペイ 代表取締役 青柳直樹氏

冒頭挨拶したキャッシュレス推進協議会 会長 鵜浦博夫氏は、「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」の実施により、消費者がキャッシュレスに触れる機会を創出し、その良さを体験してもらいたいとした。プレミアムフライデー推進協議会 日本経済団体連合会 副会長 石塚邦雄氏も「個人消費の盛り上がりにつなげていきたい」と説明した。

第一弾キャンペーンとして、「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」を実施し、第二弾として、プレミアム・フライデーと10連休にかかる4月26日~5月6日に「キャッシュレス・ウィーク」を実施予定だ。

キャッシュレスウィーク賛同予定企業

「キャッシュレス」と「プレミアムフライデー」には3点の共通点?

当日は、経済産業大臣の世耕 弘成氏も登壇。今回は「キャッシュレス」と「プレミアムフライデー」を推進する初の取り組みとなるが、3点の共通点があるとした。プレミアムフライデーは、消費者の生活体験や金曜日の過ごし方を変え、キャッシュレスは日常的なお金の払い方の方法を変え、豊かで便利な生活をもたらすとした。2つめは、消費還元を通じて事業者のサービスの拡大につながっていくとした。3つめは、どちらも“食わず嫌い”になりがちという点だ。プレミアムフライデーは「働き方を変えられるわけがない」、「早く帰るのは無理だ」という意見がある。一方、キャッシュレスも「難しくて、危険、複雑」という誤解があるとした。ただ、一回行うと便利で楽しいものであると強調した。そのうえで、消費者にも事業者にも多様なメリットをもたらす「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」を一過性ではなく、継続的に続けていきたいとした。

なお、これまでのキャッシュレス推進協議会では、統一QRコード・統一バーコードの仕様を定め、そのガイドラインを公表している。また、APIガイドラインを4月をめどに公表する予定だ。2019年度はさらなるキャッシュレス化の推進に向けて、特定地域プロジェクトなどを実施していく。

当日はお弁当やドリンクもLINE PayやOrigami Pay、PayPayなどで購入可能に。世耕氏は経済産業省内部でのキャッシュレス化も進めていきたいとした

30社の展示を一挙紹介

当日は、キャンペーンへの賛同企業42社のうち30社が展示を行った。

サンデン・リテールシステムは、商品のバーコードを
読み取り、指紋認証で決済する新しいタイプのセルフレジを展示。また、生体認証で購入できる自動販売機を紹介

アイディテックジャパンは、商品購入と磁気カード、クレジットカード、コンタクトICカード決済のデモを実施

イオンフィナンシャルサービスは、若い世代の新生活を応援する「U-25新生活キャンペーン」を3月1日より開始。また、イオンリテールでは、「ご当地WAONとGG WAONの一体化」をPRした(イオングループとして2コマ出展)

和晃は機器後付けQRコード決済端末機の展示、Origami PayやPayPayといった支払いのデモを実施。ゲームセンターでの採用実績もある

Origamiは、3月29日にOrigami Pay の利用で何度でも10%OFF(最大割引金額:1,000円)になるキャンペーンを実施。さらに、当日の15時~18時の間に利用した人には、後日100円OFFクーポンをプレゼントしている

メディカルメンバーシステムは、デジタル診察券アプリ、あと払いサービスを案内した

アルメックスは、病院、ホテルでのキャッシュレスを実現可能なキオスク端末を紹介

NTTドコモは、3月に「d払いでdポイント40倍還元!キャンペーン」を実施した。ブースではd払いやiDの説明を行った

エムティーアイは口座直結型のQRコード決済「&Pay」を紹介

共同印刷は、キャッシュレス経費決済システム「Bizプリカ」を説明した

Global Open Networkと三菱UFJフィナンシャル・グループは、ブロックチェーン技術や新決済プラットフォームの説明を行った

KDDIは、2019年4月から開始予定の「au PAY」を紹介

コイニーは、スマートフォンと連携する決済サービス「Coiney」を紹介した

コモニーは、親からおつかいに子供に、会社から出張に行く際に社員に支払いなどが利用可能な「コモニー」を紹介した

NIPPON Platformは、店舗販促となる専用タブレット端末など地域や店舗を活性化させるためのソリューションを紹介した

JR東日本は、Suicaペンギンによる「Suica」決済のデモンストレーションなどを実施した

ネットプロテクションズは、後払いによるカードレス決済「atone(アトネ)」を紹介した

PayPayは、3月29日の15時~18時の期間中にPayPay加盟店の飲食店で、PayPay決済を利用した人に対し、支払額の最大20%のPayPayボーナスを付与するキャンペーンを実施。付与上限は1万円相当となった

みずほ銀行は、QRコードを活用したスマホ決済サービス「J-Coin Pay(ジェイ コイン ペイ)」を紹介

三井住友銀行は、三井住友銀行アプリの機能説明を行った

三井住友カードは、Square(スクエア)との提携を強化して、決済端末の無償提供や決済手数料の無料化キャンペーンを実施するなど、中小事業者のキャッシュレス対応を支援

Squareは、国内でクレジットカード読み取り機「スクエアリーダー」の新しいモデルを発表

ビザ・ワールドワイドは、「Visaのタッチ決済」をPR。直近ではぐるなびの「ぐるなびPay」が対応を発表

楽天は、「楽天Pay」などの決済手段をPR。楽天楽天カードは、3月29日の「プレミアムキャッシュレス”フライデー! 3時間限定329,000ポイント山分け!」キャンペーンを実施

リクルートライフスタイルは「Airペイ」を紹介。クレジットカード、QR決済、電子マネーに対応

ロイヤルゲートは、クレジットカード、NFCのタッチ決済、FeliCa系電子マネー、QRコード決済から、共通ポイントまで、多様な決済手段に1台で対応するモバイル型マルチ決済端末「PAYGATE Station」を紹介。花キューピットなどで採用が進んでいる

メルカリは、決済サービス「メルペイ」を紹介。クーポン機能の提供もスタートし、2019年3月29日より全国の「セブン-イレブン」や「ガスト」、「はま寿司」で利用できるクーポンを配布。「セブン-イレブン」で好きなおにぎり1個を11円(税込)で購入できるほか、「はま寿司」で中とろ一皿が無料になるサービスを開始している

セブン-イレブンは、電子マネー「nanaco」を紹介した

LINE Payは、「LINE Pay」のキャッシュレス体験とチャージを促した