enterPAYment

Menu

大和自動車交通でネット決済と後部座席タブレットを用いたS.RIDE Wallet開始(みんなのタクシー)

2019年8月6日17:30

みんなのタクシーと大和自動車交通は、2019年7月31日よりみんなのタクシー提携の大和自動車交通のタクシー車両において、ネット決済と後部座席タブレットを用いたS.RIDE Walletサービスを開始した。

タクシーアプリ S.RIDE(エスライド)(みんなのタクシー)

みんなのタクシーは、都内タクシー会社5社(グリーンキャブ・国際自動車・寿交通・大和自動車交通・チェッカーキャブ)と、ソニーおよびソニーペイメントサービスの合弁企業となる。タクシー会社5社が保有するタクシー車両は現在都内最大規模の1万台を超えている。

4月16日からネット決済/S.RIDE Walletに対応した国際自動車に続き、大和自動車交通のタクシー車両でS.RIDEアプリで事前にクレジットカードを登録すれば、ネット決済が可能だ。また、道や乗り場での乗車時にも、後部座席タブレットに表示されるQRコードをS.RIDEアプリで読み込む独自のQRコード決済「S.RIDE Wallet」にも対応し、目的地に到着後、キャッシュレスで降車が可能だ。

みんなのタクシーは、今年度内にAI技術を用いた需給予測サービス等のサービス拡充を予定している。