enterPAYment

Menu

地域通貨プラットフォームサービス「chiica」提供開始(トラストバンク)

2019年5月13日20:20

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画、運用するトラストバンクは2019年5月10日、地域通貨の発行、利用、管理を可能にする新たな地域通貨プラットフォームサービス「chiica(チーカ)」の提供を開始すると発表した。また、埼玉県深谷市において2019年5月11日から開始される、地域通貨導入のための検証を目的としたプレミアム商品券の電子化における実証実験に同サービスが用いられる。

chiicaの3つの特徴(トラストバンク)

chiicaは、自治体(発行元)が地域通貨を発行、利用、管理できるプラットフォームで、トラストバンクが独自に開発、提供するサービスとなる。地域通貨の発行、利用にはスマートフォンを用いたQR決済(キャッシュレス)の仕組みを利用する。利用者は、専用のスマートフォンアプリケーション(以下、アプリ)やカードに表示されたQRコードにて決済を行う。自治体(発行元)は、chiicaを通じて、独自の地域通貨を発行(開発・提供)することが可能になり、利用者と加盟店舗の通貨のやり取り(地域通貨の利用者への付与や、店舗で利用された分の清算など)を一元管理することができる。

chiicaは、1つの自治体(発行体)が複数の地域通貨を発行することも可能だという。また、利用者はアプリだけでなく、一枚一枚固有のQRコードが印刷された利用者向けカードも利用できる。さらに、ふるさと納税のお礼の品として対象自治体の地域にて利用できる電子化された感謝券「ふるさとチョイス 電子感謝券」と共通のシステムにて提供されるそうだ。