enterPAYment

Menu

個別株連動型ポイントを「企業内インセンティブ・ポイントプログラム」と連携(STOCK POINT)

2019年2月5日19:40

個別企業株価に連動するポイント投資サービスを提供するSTOCK POINTは、福利厚生サービスを提供するベネフィット・ワンの従業員に対して、金融リテラシーや資産形成への意識を高めることを目的に、ベネフィット・ワンの従業員が活用する「企業内インセンティブ・ポイントプログラム」と、個別株連動型ポイント「StockPoint」の連携を2019年2月1日より開始した。

連携のイメージ(STOCK POINT)

同連携では、同社の開発する「StockPoint」を、「金融リテラシーを身につけるための株式投資体験」として、「企業内インセンティブ・ポイントプログラム」の新しいポイント交換先として提供するという。これにより、モチベーション管理と金融教育コンテンツを組み合わせることで「社員が自発的に将来の資産形成を考えるようになる」ことなどが期待できるとした。

今後は、企業が正社員だけでなく非正規社員を含めた従業員に対し、その企業の株価に連動するポイントをインセンティブとして提供する事業をスタートするという。会社内での従業員同士のコミュニケーション力向上のためのツールとして、その企業のSTOCK POINT を流通させ、企業と働き手の新しい関係を構築する事業を展開していく予定だ。