enterPAYment

Menu

中野エリアでQRコード決済サービス「EPOS Pay」開始(エポスカード)

2018年11月2日18:21

エポスカードは、2018年11月2日から、東京都中野エリアにおいてQRコード決済サービス「EPOS Pay」を開始すると発表した。

QRコード決済サービス「EPOS Pay」(エポスカード)

エポスカード会員向け「エポスカード公式アプリ」にQRコード決済サービスを追加するため、利用者はアプリをアップデートするだけで利用できる。「EPOS Pay」の利用金額は自動的にエポスカードの支払いとなるため、新たに銀行口座などの登録手続きは不要だ。また、 エポスカード利用時と同様、 買い物金額に応じたポイントが貯まり、「EPOS Pay」利用時に1ポイント単位で利用することも可能だ。

エポスカードは、既存会員の8割以上が丸井グループ店舗(マルイ・モディ)で入会しており、マルイ・モディ店舗は多くのエポスカード会員の生活圏の中にある。そのため、マルイ・モディ店舗を中心に、近隣の商店街や飲食店と加盟店契約を結び、これまでキャッシュレス決済を導入していなかった店舗を含め、利用可能店舗を拡大することが顧客利便性向上につながるとした。

加盟店から見ると、「EPOS Pay」は店舗に掲示したQRコードを顧客のスマートフォンで読み込む方式を採用しているため、コストを抑えて導入でき、さらにエポスカードからの送客が期待できる。

丸井グループでは、今回スタートする中野エリアでの利用状況を踏まえ、他のエリアへの拡大を検討するとともに、「EPOS Pay」の利用を通じて収集されるデータを活用し、顧客と加盟店双方にメリットのあるマーケティングを実施することで、顧客の生活圏を中心とした地域経済圏を形成し、全国どこでも使えるQRコード決済のプラットフォーマーをめざす競合他社との差別化を図っていきたいとしている。