enterPAYment

Menu

レジに並ばず店内で時短決済可能なローソンスマホペイ導入店舗拡大へ(ローソン)

2018年8月27日8:38

ローソンは、2018年4月23日より店内ならどこでも決済が可能になるスマートフォン専用アプリを使用したセルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の実証実験を開始し、現在3店舗で導入しているが、9月以降に順次実施店舗を拡大し、2018年度内に大都市圏を中心に100店舗に導入する予定であると発表した。

セルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」(ローソン)

ローソンスマホペイは、スマートフォンに事前にローソン公式アプリをダウンロードし、利用社自身が商品バーコードをスマホのカメラで読み取ることで、店内のどこでも決済できるサービスとなる

実験店舗での時間帯別スマホペイ売上高は、朝の時間帯(7時~9時)で約3割、昼の時間帯(11時~12時)で約4割、利用者層は30~40代の男性が約6割となった。スマホペイ利用時の混雑時の入店から退店までの時間は約1分で、レジで決済をする場合に比べて約4分の1に短縮されたという。購入頻度の高い商品は、ソフトドリンクや店内淹れたてコーヒー、おにぎり。ローソンスマホペイ導入による商品ロスの発生は少ないこともわかったという。

今後は、朝や昼の時間帯に混雑する大都市圏の店舗を中心に導入店舗を拡大。さらに、今年11月にはローソンスマホペイのアプリを更新するという。