enterPAYment

Menu

ヤフオクドームのキャッシュレス化を推進(福岡ソフトバンクホークス/PayPay)

2019年1月29日19:30

福岡ソフトバンクホークスとPayPayは共同で、福岡ヤフオク!ドームのキャッシュレス化を推進すると発表した。また、2019年1月29日、2019年度チームスポンサー契約を締結し、ホークスの選手は「PayPay」ロゴ付きキャップを着用し、リーグ優勝、3年連続の日本一を目指して、オープン戦(セ・リーグビジターは除く)、公式戦(セ・パ交流戦ビジターは除く)および、クライマックスシリーズを戦うそうだ。

「PayPay」ロゴ付きキャップ(福岡ソフトバンクホークス/PayPay)

ヤフオクドームではオープン戦が始まる2019年3月2日から、ドーム内ショップの飲食とグッズ販売、スタンド内飲料販売(売り子販売)、ワゴン販売、スーパーボックス、チケット売り場にスマホ決済サービス「PayPay」を導入し、キャッシュレスで観戦できる環境を構築する。

なお、ホークス春季キャンプが開催される宮崎市 生目の杜運動公園においては、「ホークスビレッジ」のグッズ販売コーナーや飲食、物販ブースでも2月1日から「PayPay」が利用できる。両社は「PayPay」を牽引役として、ヤフオクドームでのキャッシュレス決済の導入を強力に推進し、将来的な完全キャッシュレススタジアムの実現に向けて協同していくそうだ。