enterPAYment

Menu

マルチQR決済端末「FP-1」にQR決済ゲートウェイサービス「QR×DRIVE」が対応(中日諏訪オプト電子 ファインフィットデザインカンパニー/TIS)

2019年3月5日17:30

中日諏訪オプト電子 ファインフィットデザインカンパニーとTISインテックグループのTISは、TISのQR決済サービス「QR×DRIVE(キューアール・ドライブ)」に、ファインフィットデザインカンパニーのマルチQR決済端末「FP-1(エフピーワン)」が接続対応することを発表した。

「FP-1」と「QR×DRIVE」の接続対応イメージ(上)と決済イメージ(下)

「QR×DRIVE」は、 アクワイアラ・加盟店がさまざまな規格のQR決済を1つの端末/アプリケーションで処理対応することができるTISのQR決済のゲートウェイサービスとなる。

「FP-1」は、 POS連動やレシート機能などに対応し、バーコード、 QRコード、 NFC、 EMV ICクレジットカードなどの支払いができるマルチQR決済端末となる。

今回、「FP-1」が「QR×DRIVE」に接続対応することで、さまざまな規格のQR決済に1台でマルチに対応することが可能となり、国内加盟店から要望が多いレシートのオートカット機能、POS端末との売上連動機能などが利用できるそうだ。