enterPAYment

Menu

ポイントカード忘れにより付け損ねたポイントは年間約580億円にも上る(CCCマーケティング調査)

2018年2月8日22:16

CCCマーケティングは、20代~50代の男女600名を対象として、「ポイントカード所持に関する意識調査」を行い、その結果を発表した(インターネット調査で実査委託先は楽天リサーチ)。

同調査の結果、ポイントカード所有者の約7割がポイントカードで財布がパンパンになったことがあり、会計時のカード提示に30秒以上も時間がかかっていたそうだ。また、会計時に「ポイントカードを忘れたことがある人」は約8割、そのうち70%以上の人がポイントを泣く泣く諦めていたという。

ポイントカードの所持率は約96%。約7割の人が財布がパンパンになったことがあり、会計時のカード提示に30秒以上も時間がかかっている(CCCマーケティング)

CCCマーケティングでは、手にできるはずだったポイントを、“ユーレイポイント”と命名したが、その総額は、年間約580億円に上るという。

ポイントカードアプリ化の実態として、20代は94.2%、30代は90.4%がスマートフォンを保有している。スマホの「1人1台化」が進む中、ポイントをスマホで貯めることができる “カードおまとめアプリ”を71.1%が利用したいと回答した。

さらに、カードおまとめアプリ”の比較調査で、「スマホサイフ」が5部門でNo.1を獲得。したそうだ。