enterPAYment

Menu

フランス・カンヌで「TRUSTECH2018」を開催、決済やカードの最新製品・技術が登場

2018年11月30日0:00

テクノロジーイベント「TRUSTECH(トラステック)2018」(主催はコメクスポジウム、旧CARTES SECURE CONNEXIONS)が2018年11月27日~11月29日まで、フランス・カンヌ「パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ(Palais des Festivals et des Congrès)」で開催された。

会場となった「パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ(Palais des Festivals et des Congrès)」。カンヌ映画祭の会場としても有名

同展示会は、各種カード、決済端末、発行機・プリンタ、ICソリューション(ツール、サービス、プロセス)、バイオメトリクス関連製品などが展示されており、CARTES SECURE CONNEXIONSの時代を含め、カードビジネスの草分け的展示会となっている。

2018年の会場の様子として、2017年の開催に引き続き、中国などアジアの決済端末ベンダーの勢いを感じた。各社とも接触・非接触のEMV対応に加え、AlipayやWeChat Payなどのモバイル決済対応を売りにしていた。また、顔認証、指紋認証関連の展示も目立った。さらに、ウェアラブルによる決済を実現させるトークン化の技術なども紹介されていた。

デザイン性に優れたPAXのAndroid端末

NEWLANDのCPOS X5

SPECTRA Technologiesはベンディング向け決済ターミナルを紹介

Castles Technologyのベンディングマシン向け決済端末

SUNMIは顔認証によるAlipay決済のデモを実施

インフィニオンテクノロジーズはソシエテジェネラルに導入された指紋認証カードを紹介

NXPセミコンダクターズの指紋認証カード登録のデモ

日本からは凸版印刷が出展した

MULTOSブースではDIGISEQがバッテリーのないウェアラブル製品などへのアクティベートを実現させた技術を紹介

STマイクロエレクトロニクスではトークナイゼーション技術を利用した時計へのアクティベートのデモを実施

会場には、スタートアップが展示する「STARTUP VILLAGE(スタートアップ・ビレッジ)」のコーナーも設けられた。

講演では、キーノートスピーチに加え、テクノロジに関連したカンファレンスなど、さまざまなセッションが行われた。「イノベーション・ステージ」では、POSやmPOS、バイオメトリクス、ブロックチェーン、IOTデバイスなど、新たなテクノロジーが紹介された。

「イノベーション・ステージ」でのピッチの様子

なお、2019年の「TRUSTECH2019」は、2019年11月26日~29日まで、同会場で開催されるという。

2019年の開催告知