enterPAYment

Menu

ビッグエコー17店舗に「楽天ペイ(アプリ決済)」導入(楽天)

2018年11月20日16:34

楽天は、運営するスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」が、第一興商の運営するカラオケルーム「ビッグエコー」17店舗にて2018年11月20日より利用可能となると発表した。今後、第一興商は、全国の「ビッグエコー」での同サービス導入も検討している。

サービスイメージ(楽天)

「楽天ペイ(アプリ決済)」は、スマホアプリによる支払いができるサービスだ。提示されるQRコードにスマホをかざす「QR読み取り」、バーコードやQRコードをお店で読み取ってもらう「コード表示」、支払うお店を選択して金額を入力する「セルフ」の3パターンの支払い方法があり、第一興商が今回「ビッグエコー」17店舗において先行導入するのは、「QR読み取り」タイプの決済となる。利用者は会計時、「ビッグエコー」の店員がタブレットに表示するQRコードを「楽天ペイ」アプリで読み取り、金額確認後、スライドすることで決済が可能だ。また、「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることもできる。さらに、支払い元となるクレジットカードを「楽天カード」に設定すると、「楽天ペイ(アプリ決済)」(200円につき1ポイント)と「楽天カード」(100円につき1ポイント)のそれぞれのポイントを貯めることができる。

なお、第一興商は、2005年9月に「楽天Edy」を採用し、「ビッグエコー」全店で、電子マネーによる決済が可能だ。今回、新たに「楽天ペイ(アプリ決済)」を導入することにより、ICTを活用した利便性向上や、店舗運営のさらなる効率化に取り組むそうだ。