enterPAYment

Menu

バーコードをスマホで読んで支払いができる「LINE Pay 請求書支払い」開始

2018年3月6日12:03

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開する「LINE Pay」において、2018年3月6日から、公共料金や通信販売などの請求書上に印刷されたバーコードをスマートフォンで読み込むだけで支払いができる「LINE Pay 請求書支払い」のサービスを開始すると発表した。

2018年3月6日の時点では、東京電力エナジーパートナーの請求書への対応開始を開始。その後、4月上旬から電算システム、5月以降順次、SMBCファイナンスサービス、三菱UFJファクターの対応開始を予定している。

これまで請求書の支払いには、対応店舗に請求書と現金を持参する必要があったが、今回「LINE Pay 請求書支払い」サービスを利用することで、手元に現金がなくても支払いが可能になる。

「LINE Pay 請求書支払い」サービスの利用には、「LINE」アプリ内から「LINE Pay」の利用規約に同意してアカウントを開設し、事前に銀行口座やコンビニなどで残高のチャージを行った後、手元の請求書上のバーコードを「LINE Pay」のコードリーダーで読み込むことで、電気料金や水道料金といった公共料金や通信販売などの支払いが可能となる。また、一部企業を除き、今後お支払い時に「LINEポイント」の利用も可能となる予定だ。