enterPAYment

Menu

トマト銀行から「トマト Mastercardデビット」の発行業務を受託(オリコ)

2019年7月31日19:05

オリエントコーポレーション(オリコ)は、トマト銀行と、地方銀行では初となる Mastercardブランドのデビットカード「トマト Mastercardデビット」の発行業務を受託することで合意し、2019年7月31日より取り扱いを開始した。

「トマト Mastercardデビット」(オリコ)

同カードは、利用の都度、会員指定の口座から代金が即座に引き落とされる即時払い式カードであり、国内外の Mastercard加盟店で24時間365日利用できるほか、海外ATMでの現地通貨による預金引き出しも可能だ。また、Mastercard コンタクトレス(非接触決済機能)の搭載により、コンタクトレスに対応する。

同提携により、トマト銀行が会員募集やカード発券、口座情報管理などを担い、オリコはクレジットカードのノウハウ・システムを生かし、Mastercardとの精算業務や会員からの照会対応等を行うコールセンター業務などを受託する。

年会費は初年度無料、2年目以降1,000円(税抜)となるが、①15 歳以上 23 歳以下の会員 ②年間のショッピング利用金額合計が10万円(税込)以上のいずれかの条件を満たすと、次年度の年会費が無料となる。