enterPAYment

Menu

デジタルチケットプラットフォーム「wallabee」提供(ジェイアール東日本企画)

2019年7月5日19:00

ジェイアール東日本企画は、ソネット・メディア・ネットワークスが提供するマーケティングプラットフォームと連携し、店舗やイベントなどのリアルシーンにおけるチケッティングで利用可能なデジタルチケットプラットフォーム「wallabee」の提供を開始すると発表した。「wallabee」は店舗でのクーポンサービスのほか、イベントやMaaSにおけるチケッティングに向けたO2Oソリューションとして提供するという。

「wallabee」は利用者のスマートフォン画面に表示されたチケット画面に押印することで、 チケットを使用済みとすることができる(ジェイアール東日本企画)

「wallabee」は、従来の紙製チケットの販売・利用の流れをデジタル化しスマートフォンに集約することで、チケットサービスを提供する交通機関や商業施設・イベント主催者などの事業者と、チケットを購入するお客さまの利便性を高めたデジタルチケットプラットフォームとなる。チケットの購入や利用はスマートフォンのブラウザのみで行えることから、 専用アプリをダウンロードすることなくサービスを始めることが可能だ。

デジタルチケットを利用する店舗などにおいては、電源や通信が不要な電子スタンプを用いて利用者のスマートフォン画面に表示されたチケットを認証することができる仕組みとなっており、リアルタイムでチケットの利用実績も把握できる。

また、 チケットの購入はクレジットカード決済に対応していることから、 キャッシュレス化の促進にもつながるとしている。

第一弾として、金沢市観光協会主催の観光チケットサービスの実証実験「ゆったり涼み旅金沢」を2019年7月19日~9月30日まで金沢市で実施する。金沢駅構内の観光案内所にて、 実証実験の対象となる店舗で使用できるチケットを販売する。購入時に発券されるレシートのQRコードからアクセスできるWEBサイト内でデジタルチケットを受け取る。 チケットはWEBサイト内で保管され、いつでも確認することができる。また、チケットの利用時には、対象店舗で係員に画面に表示されたチケットを提示。店舗スタッフが画面のチケットに電子スタンプを押印することで使用済みとなる