enterPAYment

Menu

スマホ決済サービス「PayPay」をビッグエコーに導入(第一興商)

2018年12月26日19:00

第一興商は、首都圏・札幌・近畿のカラオケルーム「ビッグエコー」を中心とする40店舗にて、PayPayが運営するスマホ決済サービス「PayPay」を2018年12月27日より順次導入すると発表した。

スマホ決済サービス「PayPay」導入

「PayPay」は、あらかじめ銀行口座からチャージした電子マネー(「PayPay残高」または「Yahoo!マネー」)による支払いと、クレジットカード支払いの2種類から選択できるスマホ決済サービスとなる。ビッグエコー店舗での支払いは、「PayPay」アプリで表示したバーコードを店舗のタブレット端末で読み取ることで決済が完了する方式となる。

なお、第一興商グループが運営するビッグエコーをはじめとしたカラオケボックスは、国内店舗数539店となっている。今後は、全国のビッグエコー店舗での「PayPay」導入を検討している。