enterPAYment

Menu

スマホ決済「TableCheck Pay」が国際5ブランド対応(TableCheck)

2019年4月22日17:00

TableCheckは、2019年4月22日より飲食店・レストラン特化型スマホ決済サービス「TableCheck Pay(テーブルチェックペイ)」で利用できるクレジットカードブランドを主要5大ブランド(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners)に拡大すると発表した。

「TableCheck Pay」は2018年12月から三井住友カードのゴールド・プラチナ会員限定で利用可能だったが、このほどクレジットカードブランドの対応拡大を行った。

同時にキャッシュバックキャンペーンを実施し、ユーザー獲得と導入店舗拡大を目指す。ユーザー向けには、4月22日~6月22日まで「100人に1人お食事代キャッシュバックキャンペーン」を開催する。飲食店向けには「決済手数料無料キャンペーン」を実施しており、4月16日~6月15日までの売上は決済手数料が無料となる。

なお、「TableCheck Pay」は、 飲食店・レストラン特化型のスマホ決済サービスです。 クラウド型レストランマネジメントシステム「TableSolution(テーブルソリューション)」を導入する飲食店であれば、初期費用や月額費用0円で利用できる。また、同サービスの導入店舗を利用するユーザーは、インターネット予約時にクレジットカード情報を登録すると、来店時に現金やクレジットカードを使用するこなく、席に座ったままサインレスで会計が可能だ。 既存のスマホ決済で一般的な「QRコード決済」以外にも、SMSやEメールで通知を受け取りリンク先のページから決済を実行する「メール決済」を採用することで、専用アプリのダウンロードを不要としている。