enterPAYment

Menu

スマホ決済「SaATポケレジ」で交通系電子マネーとQR決済への対応開始(ネットムーブ)

2019年9月11日13:40

ネットムーブは、磁気ストライプや接触ICカード(EMV)に対応した決済ゲートウェイ型サービス(mPOS)の「SaATポケレジ」において、クレジットカード決済に加え、新たに交通系電子マネー(9種類)、QRコード決済(2種類)の取扱いを開始したと発表した。

電子マネー決済の利用イメージ(ネットムーブ)

これまで、SaATポケレジでは、Visa、Mastercard、JCB等の6つの国際ブランドに対応したクレジットカード決済サービスを提供してきたが、今回、交通系電子マネー、QRコード決済を追加し、消費者の多様なニーズに対応することが可能となる。

交通系電子マネーの取扱いブランドは、Suica、PASMO、Kitaca、TOICA 、manaca(マナカ)、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけんとなる。また、QRコード決済はインバウンド向けのAlipayとWeChat Payに対応する。

ネットムーブ株式会社

〒102-0085
東京都千代田区六番町6勝永六番町ビル3階
  • 03-6256-9651
  • 03-6256-9655
SaATポケレジ PCI P2PE認定を取得EMV、NFC対応のカードリーダ(Miura Systems)でスマートフォンにクレジットカード番号が残らないセキュアな決済ソリューションを提供。スマートフォンカード決済(mPOS)のOEM供給やアプリ連携での大規模導入、会員登録機能での継続課金決済も対応可能。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト