enterPAYment

Menu

スマホ決済「PayB」の提携地方公共団体拡大(ビリングシステム)

2019年4月2日7:30

ビリングシステムは、スマートフォン決済アプリ「PayB」の提携地方公共団体数が2019年4月1日時点で173団体となり、提携収納企業と合わせ4,080社・団体となったと発表した。

また、自動車税の納付時期である5月に合わせ、4月から新たに、愛知県、愛媛県、大分県、鹿児島県、岐阜県、熊本県、広島県、での「PayB」取り扱いが始まり、すでに取り扱いを開始している、大阪府、佐賀県、滋賀県、宮崎県と合わせ、11の府・県の税金や各種料金等の納付に「PayB」を利用してもらえるようになった。

現在、地方公共団体、および各種公共サービス、通販事業者等での「PayB」払込票決済の導入が進んでおり、同社では、今後も「PayB」の加盟店の普及・拡大を推進するとともに、提携金融機関の拡大や各種機能向上を通じてユーザーの利便性向上を図っていきたいとしている。

ビリングシステム株式会社

東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテルタワー13F

当社は、多数の決済機関の機能をワンストップで利用できるプラットフォームと業務ノウハウを有し、これらをソリューションとしてご提供することで、多くの企業や団体においての代金回収や送金などの業務の大幅な効率化とコストダウンを実現しています。日進月歩の決済機関のサービス単体ではなかなか投資対効果が発揮しづらいときでも、私たちのソリューションがあれば投資を最小限に抑えつつ、信頼性の高い業務が実現可能です。対象となる主な業務は次の通りです。
【代金回収】【送金】【入金消込】【資金繰り】【決済システム構築】【インバウンド】【集客】【スマホ決済】