enterPAYment

Menu

ジェーシービーと業務資本提携(iBankマーケティング)

2019年7月31日19:00

ふくおかフィナンシャルグループ傘下のiBankマーケティング(iBank)は、同社が提供するスマートフォンアプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」のさらなる利便性の向上を目的として、ジェーシービー(JCB)との間において、2019年7月31日付で業務資本提携を締結したと発表した。

連携のイメージ(iBankマーケティング)

iBankはWallet+の取扱開始時(2016年7月)より、アプリ内での「デビットカード利用明細のデジタル表示」、「カード利用額に応じたポイント還元」などをはじめとした決済領域においてJCBと連携したサービス提供を行っている。

今回の業務資本提携により、決済領域でJCBが保有するさまざまな技術・ソリューションを活用することで、Wallet+のさらなる利便性の向上と利用者に必要とされるマネーサービスの実現に向けた取り組みを進めていく。

なお、iBank社が実施する第三者割当増資をJCB社が引き受け、増資後の発行株式総数の2.6%をJCBが取得する。