enterPAYment

Menu

サンドラッグの全POSレジで「Alipay」決済が可能に(インコム・ジャパン)

2018年10月1日19:16

インコム・ジャパンは、サンドラッグとの間で、アント フィナンシャル サービスグループが提供するAlipayの加盟店契約を締結し、2018年10月1日よりサンドラッグの全POSレジ端末で取り扱いを開始すると発表した。

インコム・ジャパンの役割(イメージ)

インコム・ジャパンは、2017年1月からサンドラッグに中国系モバイルバーコード決済「WeChat Pay」、2018年7月に「LINE Pay」を導入している。インコム・ジャパンが提供する決済プラットフォームは、システム仕様や電文を管理するためのツール、コールセンターなどを共通で利用できるため、サンドラッグは新しいモバイルバーコード決済を追加することが可能だ。また、インコム・ジャパンは各決済事業者の販売促進やマーケティング窓口の役割も担っているため、サンドラッグは取り扱う決済手段が増えた場合も一括管理することができるという。

なお、インコム・ジャパンはPOSAカードで培った国内約6万店舗の販売網を活かし、今後も多彩なモバイルバーコード決済を推進していきたいとしている。

インコム・ジャパン株式会社

〒163-0610
東京都新宿区西新宿1-25-1
新宿センタービル41F

インコム・ジャパンは、ギフトカードおよびプリペイドカードに関連した技術の提供を行っており、北米を中心に約400,000ヶ所の流通・販売網を構築しています。2013年度においては約2.8兆円のプリペイドカード、ギフトカードを流通、販売しています。インコム・ジャパンの最新POSA技術(InComm’s Point of Sales Activation)は、前払い式製品の販売方法を大幅に改善するとともに、製品を購入する消費者の購入プロセスを大幅に簡素化するなど小売市場における大きな変革をもたらしました。インコムは米国アトランタを本社とし日本、カナダ、イギリス、韓国などを含む30カ国にて展開しています。