enterPAYment

Menu

キャッシュレス化と無線Wi-Fi整備をテーマに青森県での実証実験準備に着手(JR東日本)

2018年7月24日18:58

JR東日本とJR東日本スタートアップは、ベンチャー企業と協業し新たなビジネス・サービスを実現する 「JR東日本スタートアッププログラム2018」において募集していた『「地域」でテストマーケティング』の応募案件の中から、青森県、青森市、公益社団法人青森県観光連盟、青森商工会議所などと連携し、「キャッシュレス化」と「無線Wi-Fi整備」をテーマとした青森県での実証実験の準備に着手すると発表した。

JR東日本スタートアッププログラム2018(JR東日本)

実証実験の準備は、「JR東日本スタートアッププログラム2018」に応募のあったOrigami(オリガミ)とキャッシュレス化、PicoCELA(ピコセラ)と無線Wi-Fi整備を協業して進めていく。今回の実証実験の準備を行うにあたり行政や各施設との調整を要するため、事業者の候補を事前に発表。なお、 採択が決定されたものではないという。

キャッシュレス化では、青森県には中国や台湾から大型客船が寄港しており、中華圏の外国人旅行客が増加している。二次元コードを使用したキャッシュレス化を推進することにより、国内外の旅行客の集客を促進させるという。

無線Wi-Fi整備では、今まで通信環境に難のあった屋外の観光地などでWi-Fiサービスを提供し、利便性の向上を目指す。

JR東日本スタートアッププログラム2018では今年度、2018年4月19日から5月31日までベンチャー企業やさまざまなアイデアを有する人々から提案を募集し、合計182件の提案があったそうだ。現在、面談やプレゼンによる審査を実施中で、協業内容を検討の上2018年11月に採択事業を発表し、順次実証実験を実施、事業構想の実現に向けた取組みを展開していくという。

キャッシュレス化と無線Wi-Fi整備をテーマに青森県での実証実験準備に着手(JR東日本)

2018年7月24日18:58

JR東日本とJR東日本スタートアップは、ベンチャー企業と協業し新たなビジネス・サービスを実現する 「JR東日本スタートアッププログラム2018」において募集していた『「地域」でテストマーケティング』の応募案件の中から、青森県、青森市、公益社団法人青森県観光連盟、青森商工会議所などと連携し、「キャッシュレス化」と「無線Wi-Fi整備」をテーマとした青森県での実証実験の準備に着手すると発表した。

JR東日本スタートアッププログラム2018(JR東日本)

実証実験の準備は、「JR東日本スタートアッププログラム2018」に応募のあったOrigami(オリガミ)とキャッシュレス化、PicoCELA(ピコセラ)と無線Wi-Fi整備を協業して進めていく。今回の実証実験の準備を行うにあたり行政や各施設との調整を要するため、事業者の候補を事前に発表。なお、 採択が決定されたものではないという。

キャッシュレス化では、青森県には中国や台湾から大型客船が寄港しており、中華圏の外国人旅行客が増加している。二次元コードを使用したキャッシュレス化を推進することにより、国内外の旅行客の集客を促進させるという。

無線Wi-Fi整備では、今まで通信環境に難のあった屋外の観光地などでWi-Fiサービスを提供し、利便性の向上を目指す。

JR東日本スタートアッププログラム2018では今年度、2018年4月19日から5月31日までベンチャー企業やさまざまなアイデアを有する人々から提案を募集し、合計182件の提案があったそうだ。現在、面談やプレゼンによる審査を実施中で、協業内容を検討の上2018年11月に採択事業を発表し、順次実証実験を実施、事業構想の実現に向けた取組みを展開していくという。